ご利用にあたっての注意事項

  • 標的型攻撃対策の処理はメールの宛先ごとに実施するため、お客様の利用状況によっては以下例のようにメールが重複する場合があります。
    • 以下はグループアカウントを例にしていますが、転送設定についても同様にメールが重複します。

    ■標的型攻撃対策導入前

    ■標的型攻撃対策導入後

  • 標的型攻撃対策の利用アカウントに設定されているアカウントでも、グループアカウント宛てに送信されたメールは標的型攻撃対策の検索対象外となります。
    グループアカウント宛てに送信されたメールも標的型攻撃対策の検索対象とする場合は、対象のグループアカウントを標的型攻撃対策の利用アカウントとして設定してください。
  • 標的型攻撃対策を利用するアカウントとして設定されたグループアカウントは、グループアカウントのメンバーに登録されているアカウントの標的型攻撃対策利用設定に関わらず、グループアカウント宛てに送信されたメールは標的型攻撃対策の検索対象となります。
  • 標的型攻撃対策のホワイトリスト(管理者・利用者共)は、お客様宛メールにのみ有効となります。お客様が送信されたメールには適用されません。
  • 標的型攻撃対策とメール誤送信対策の両サービスをご利用の場合、メール誤送信対策の添付ファイル暗号化機能によりパスワード付きZIPに暗号化された添付ファイルが、標的型攻撃対策のファイルタイプ制限機能により削除されます。
    メールを送信される側のお客様はファイルタイプ制限の設定にて「zip(pass)」を制限対象から除外、メールを受信される側のお客様は、同じくファイルタイプ制限の制限対象を変更いただくかホワイトリストを設定してください。
  • URL保護機能はメール本文に記載されたURLを、URL保護用のURLへ書き換えます。メールの署名などアクセスしても問題がないURLも、メール本文に記載されたURLはすべてURL保護用のURLへ書き換えられます。
  • URL保護用のURLにアクセスすると、URL保護機能で評価実施後、Webサイトを表示します。URL保護機能で悪意のあるサイトと評価されたWebサイトは、アクセスした際に以下のような警告メッセージが表示されます。
  • 添付ファイル保護機能は圧縮ファイルに対しても処理を実施しますが、多重に圧縮されているなど処理に時間がかかると正常に処理が完了出来ない場合があります。