SMTP認証について

SMTP認証とは、メール送信時にIDとパスワードで認証をするサービスです。送信サーバで認証を行うことにより、悪意のある第三者やウイルスなどによるなりすまし送信を防ぐことができます。

また、本機能は、サブミッションポート(587番ポート)やメール経路暗号化(465番ポート)に対応しておりますので、お客様がご利用中のインターネットサービスプロバイダが「Outbound Port25 Blocking」(迷惑メール対策を目的とした25番ポートからの送信規制)を実施している場合でもメール送信が可能になります。

サブミッションポートとは
投稿ポートと呼ばれ、メール送信の受付専用に使われるポートのことです。通常メール送信は25番ポートを利用して送信されるのに対し、その代用として587番ポートを利用した送信が可能になります。
メール経路暗号化とは
お客様のメールソフトとアルファメールプレミアのメールサーバ間におけるメールの送受信経路を「SMTP over SSL」「POP over SSL」「IMAP over SSL」によって暗号化する機能です。メール本文や添付ファイルだけでなく、メールパスワードなども暗号化されます。

メール経路暗号化のご利用イメージと注意事項

ご利用にあたっての注意事項

  • 「SMTP over SSL」「POP over SSL」「IMAP over SSL」に対応したメールソフトが必要です。
  • お客様のネットワーク環境(ファイアウォールやプロキシなど)の設定変更が必要になる場合があります。
  • メールソフト⇔アルファメールプレミアサーバ間の通信経路のみを暗号化する機能です。メールデータ自体を暗号化するサービスではありません。よって、受信者がメール経路暗号化を利用していない場合、すべての経路が暗号化されることにはなりません。
  • メールソフト⇔アルファメールプレミアサーバ間の通信経路が暗号化されるため、ウイルス対策ソフトなどの送受信時のウイルス検出機能が無効になります。
    • アルファメールプレミアのメールウイルスチェック(標準機能)は有効です。
  • メールソフトの対応状況やウイルス対策ソフトについてのご案内は、サポート対象外となりますのでご了承ください。

メール経路暗号化のメールソフト対応状況(2021年11月4日現在)

SMTP over SSL/POP over SSL

OS メールソフト SMTP over SSL POP over SSL
Windows Outlook 2013/2016/2019 ○(※1)
  • 1.
    「SSL」のみ送信可能

IMAP over SSL

OS メールソフト IMAP over SSL
Windows Outlook 2013/2016/2019
スマートフォン iOS 13.x/14.x/15.x
Android 9.x/10.x/11.x/12.x