メールソフトを設定する

step1 Outlookを起動します。

初めてOutlook 2013を起動した場合、ウィザード画面が表示されます。

ポイントウィザード画面が表示されない場合

次の操作を行い、手順4に進んでください。

1.「ファイル」→「情報」の順に選択します。

2.「アカウントの追加」をクリックします。

step2 「次へ」ボタンをクリックします。

step3 「はい」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

アカウントの追加画面が表示されます。

step4 「自分で電子メールやその他の...」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

step5 「POP または IMAP」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

step6 必要事項を入力し、「詳細設定」ボタンをクリックします。

名前 名前や会社名などを入力します。

※メールを送信した時、相手側に「送信者」として表示されます。

電子メールアドレス 「メールアドレス」を入力します。
アカウントの種類 「POP3」を選択します。
受信メールサーバー 「pop.alpha-prm.jp」と入力します。
送信メールサーバー(SMTP) 「smtp.alpha-prm.jp」と入力します。
アカウント名 「アカウント名」「%」「お客様のドメイン名」を入力します。
パスワード 「メールパスワード」を入力します。
パスワードを保存する パスワードを保存する場合、チェックボックスを選択します。
[次へ]をクリックしたら... チェックボックスを選択しません。

インターネット電子メール設定画面が表示されます。

step7 「送信サーバー」タブをクリックし、必要事項を入力します。

送信サーバー(SMTP)は認証が必要 チェックボックスを選択します。
受信メールサーバーと同じ設定を使用する 選択します。

step8 「詳細設定」タブをクリックし、必要事項を入力します。

経路暗号化あり(POP over SSL)
受信サーバー(POP3) 「995」と入力します。
このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要 チェックボックスを選択します。
経路暗号化あり(SMTP over SSL)
送信サーバー(SMTP) 「465」と入力します。
使用する暗号化接続の種類 「SSL」を選択します。
サーバーにメッセージのコピーを置く チェックボックスを選択しません。(推奨)

注意経路暗号化あり(POP over SSL/SMTPover SSL)について

・管理者が「SMTP認証除外設定」を有効にしている場合、経路暗号化はご利用いただけません。

※SMTP認証設定状況の確認方法→「ご利用メニューの画面説明」

・お客様のパソコンとアルファメールプレミアのメールサーバとの通信経路が暗号化されるようになります。そのため、ウイルス対策ソフトやメールアーカイブソフトなど、通信経路の途中でメールを取り扱う機能が無効になります。

※アルファメールプレミアのメールウイルスチェック(標準機能)は、有効です。

ポイント

サブミッションポート、経路暗号化なしの設定方法については、「サブミッションポート、経路暗号化なしを設定するには」をご覧ください。

step9 「OK」ボタンをクリックします。

アカウントの追加画面が表示されます。

step10 「次へ」ボタンをクリックします。

step11 「完了」ボタンをクリックします。

設定が保存されます。

■サブミッションポート、経路暗号化なしを設定するには

手順8の画面で、必要事項を入力します。
※画面例は、送信サーバー(SMTP)が「サブミッションポート」の例です。

■受信サーバー(POP3)

◎「経路暗号化なし」を利用する場合
受信サーバー
(POP3)
「110」と入力します。
このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要 チェックボックスを選択しません。

■送信サーバー(SMTP)

◎「サブミッションポート」を利用する場合
送信サーバー
(SMTP)
「587」と入力します。
使用する暗号化接続の種類 「なし」を選択します。
◎「経路暗号化なし」を利用する場合
送信サーバー(SMTP) 「25」と入力します。
使用する暗号化接続の種類 「なし」を選択します。

注意

管理者が「SMTP認証除外設定」を有効にしている場合、サブミッションポートはご利用いただけません。

※SMTP認証設定状況の確認方法→「ご利用メニューの画面説明」