ご利用の手引き

HOME > ご利用の手引き > これからご利用されるお客様 > メールソフト設定 > Microsoft Outlook 2019(POP3/SMTP)[初期設定]

メールソフト設定

Microsoft Outlook 2019(POP3/SMTP)[初期設定]

設定を始める前に、以下の情報をあらかじめご確認ください。

  • お客様のドメイン名
  • アルファメールプレミアサーバに登録したアカウント名メールパスワード

以下マニュアルでは、例として以下環境で説明しています。設定される際は、お客様の環境に置き換えてご利用ください。

ドメイン名 demodemo.jp
アカウント名 otsuka-tarou

  1. Outlook 2019を起動します。

    Outlook 2019
  2. 必要事項を設定し、「接続」ボタンをクリックします。

    空欄 「メールアドレス」を入力

    半角で入力ください。

    詳細オプション ▼クリックし、「自分で自分のアカウントを手動で設定」をチェックします。

    設定例です。

    上記画面が表示されない場合、以下を行います。
    1.「ファイル」→「情報」の順に選択します。
    2.「アカウントの追加」をクリックします。

  3. 「POP」をクリックします。

  4. 必要事項を設定し、「次へ」ボタンをクリックします。

    受信メール
    サーバー 「pop.alpha-prm.jp」を入力

    半角で入力ください。

    ポート 経路暗号化あり(POP over SSL)
    「995」を入力し、「このサーバーでは暗号化された接続(SSL/TLS)が必要」をチェックします。
    • 半角で入力ください。
    送信メール
    サーバー 「smtp.alpha-prm.jp」を入力

    半角で入力ください。

    ポート 経路暗号化あり(SMTP over SSL)
    「465」を入力し、「暗号化方法」で「SSL/TLS」を選択します。
    • 半角で入力ください。

    設定例です。

  5. 必要事項を設定し、「接続」ボタンをクリックします。

    パスワード 「メールパスワード」を入力

    半角で入力ください。

  6. 必要事項を設定し、「OK」ボタンをクリックします。

    ユーザー名 @」を「%」に変更します。
    例:otsuka-tarou@demodemo.jp → otsuka-tarou%demodemo.jp

    半角で入力ください。

  7. 「完了」ボタンをクリックします。

  8. 以上で設定は完了です。

経路暗号化なし、サブミッションポートの設定を行われる方は、以下をご参照ください。

  1. 上記、手順4の画面で必要事項を設定し、「次へ」ボタンをクリックします。

    受信メール
    経路暗号化なし 「110」を入力し、「このサーバーでは暗号化された接続(SSL/TLS)が必要」はチェックしません。
    • 半角で入力ください。
    送信メール
    サブミッションポート 「587」を入力し、「暗号化方法」で「なし」を選択します。
    • 半角で入力ください。

    POPアカウントの設定

  2. 以降は手順5に進みます。