サービス関連情報

HOME > 最新情報 > サービス関連情報 > 2020/03/10

サービス関連情報

【注意喚起】各社ブラウザのTLS1.0/1.1無効化実施について

2020年3月10日

お客様各位

平素よりアルファメール プレミアをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

先般よりご案内しております、大手4社のブラウザ(InternetExplorer, Edge, Safari,Firefox, Chrome等)による「TLS1.0/1.1」の無効化実施に関するご案内になります。

各社にて発表されているスケジュールは以下の通りとなっておりますが、アルファメールプレミアでは、サーババージョン1環境にて独自SSLを利用されているお客様ホームページがブラウザで表示されなくなる影響が発生する見込みです。
対象となるお客様は、大至急ブラウザのセキュリティ対策の影響を受けないサーババージョン2へお客様ホームページを移行いただきますよう、お願い申し上げます。

今後ともアルファメール プレミアをご愛顧いただけますようお願い申し上げます。


対象

  • サーババージョン1環境にて、独自SSL をご利用のお客様

本件に関するよくあるご質問

サーババージョン2環境への切替え方法

サーババージョン2環境への切替えのお申し込みは、アルファメールプレミア管理者機能から簡単にお申し込みいただけます。

また切替え時に、ホームページデータやFTPユーザ設定などの管理者機能の各種設定を引き継ぐことが可能です。(一部データを除きます)

切替えに関する詳細につきましてはこちらをご参照ください。

【注意事項】

お客様にてサーババージョン2環境へホームページデータの移行ができない場合

サーババージョン2環境へのホームページデータの移行に関しては、移行支援サービスをご用意しております。お客様ホームページが移行可能か無料で診断し、移行可能な場合、弊社にて作業を行います。
詳細につきましては、サービス移行案内サイトをご確認ください。

 ※移行支援サービスは、ご好評につきお申し込みいただいたお客様にお待ちいただいている状況です。ブラウザによる制限実施前に作業を完了できかねますので、ご了承ください。