メールの送受信ポートについて

メールの送受信ポートについてご案内します。

メール送信(SMTP)ポート対応表
OP25Bとは
OP25Bとは、「Outbound Port25 Blocking」の略称です。
OP25Bの詳細については、会員サイトをご覧ください。
ポート
番号
特徴・メリット
OP25B
への対応
ご利用上の注意事項
25
一般的に利用されているメール送信ポートです。ほとんどのメールソフトで標準設定となっています。
しかし、迷惑メールの配信に最も利用されているポートのため、現在、各プロバイダ(インターネット接続業者)が実施しているOP25Bにおいて送信制限の対象となっています。
×
今後、OP25Bが進んだ場合、このポートは完全に利用できなくなる可能性があります。
587
投稿ポート(サブミッションポート)と呼ばれるポートです。OP25Bに対応し、ほとんどのプロバイダは、このポートを25番ポートの代替として推奨しています。
ファイアウォールなどのネットワーク機器や、メールソフトの対応状況の確認・設定変更が必要です。
465
アルファメールプレミア基本機能「メール経路暗号化(SMTP over SSL)」の専用ポートです。OP25Bにも対応できます。
ファイアウォールなどのネットワーク機器や、メールソフトの対応状況の確認・設定変更が必要です。
また、ウイルスチェックソフトの検知が無効になる場合があるため、ウイルスチェックソフトの対応状況の確認も必要です。対応状況は、ソフトの製造元にご確認ください。

※ 465ポートを利用する場合でも、アルファメールプレミア基本機能「メールウイルスチェック」は有効です。

メール受信(POP3)ポート対応表
ポート
番号
特徴・メリット
ご利用上の注意事項
110
一般的に利用されているメール受信ポートです。ほとんどのメールソフトで標準設定となっています。
995
アルファメールプレミア基本機能「メール経路暗号化(POP over SSL)」の専用ポートです。
ファイアウォールなどのネットワーク機器や、メールソフトの対応状況の確認・設定変更が必要です。
また、ウイルスチェックソフトの検知が無効になる場合があるため、ウイルスチェックソフトの対応状況の確認も必要です。対応状況は、ソフトの製造元にご確認ください。

※ 995ポートを利用する場合でも、アルファメールプレミア基本機能「メールウイルスチェック」は有効です。

メール受信(IMAP)ポート対応表
ポート
番号
特徴
ご利用上の注意事項
143
IMAPの専用ポートです。
993
「メール経路暗号化(IMAP over SSL)」の専用ポートです。
ファイアウォールなどのネットワーク機器や、メールソフトの対応状況の確認・設定変更が必要です。
また、ウイルスチェックソフトの検知が無効になる場合があるため、ウイルスチェックソフトの対応状況の確認も必要です。対応状況は、ソフトの製造元にご確認ください。

※ 993ポートを利用する場合でも、アルファメールプレミア基本機能「メールウイルスチェック」は有効です。