Internet Explorer 10や11でWebメールを利用すると、画面表示が崩れたり操作が上手くいきません。

2014年10月23日の機能強化により不具合は解消されたため、下記の互換表示設定は不要となりました。

Internet Explorer 10/11を「互換表示」モードで利用していない場合、下記のような不具合が発生します。

「互換表示」モードでご利用いただけますようお願いいたします。

互換表示モードで利用しない場合、発生する不具合

  • メール作成画面にて、「送信」や「下書き保存」などのボタンが表示されない(枠からはみ出る)
  • メール作成画面にて、「送信履歴」の表示の幅が狭くなり内容の確認や選択ができない
  • メール一覧の件名・送信者・日時などの文字が大きく表示される