追加メール設定

Microsoft Outlook Express ver.6.0を例にご案内します。ご利用のメールソフトに合わせて設定をして下さい。

1.「Outlook Express」を起動

デスクトップ上にある「Outlook Express」のアイコンをダブルクリック、または
タスクバーのアイコンをクリックし「Outlook Express」を起動します。

Outlook ExpressOutlook Express

「Outlook Express」を起動
↓
2.「ユーザーの追加」を選択
メニューバー「ファイル」「ユーザー」「ユーザーの追加」をクリックします。
「ユーザーの追加」を選択
↓
3.ユーザー名の入力
「ユーザーの作成」画面が表示されます。
「ユーザー名」
を以下のように入力し「OK」をクリックします。
名前を入力して下さい メールの差出人名
ユーザー名は、全角/半角英数字、全角カナ、かな、漢字が使用できます。
ユーザー名は、メールを送った際に表示される名前と同じである必要はありません。
パスワードを要求する チェックします
パスワードの入力なしにユーザーを切り替えたい場合は、チェックの必要はありません。
既に使用しているユーザー名にパスワードが設定されていない場合も、(2)で「ユーザーの管理」→「プロパティ」をクリックすることで、新たにパスワードを設定できます。
ユーザー名の入力
↓
4.パスワードの入力

前項で「パスワードを要求する」にチェックすると、「パスワードの入力」の画面が表示されます。
パスワードを入力し、確認の為にもう一度同じパスワードを入力し、「OK」をクリックします。


設定できるパスワードは半角英数字のみになります。
入力するパスワードは********で表示されます。
こちらに入力するパスワードは、E-mailアドレスのパスワードとは異なりますのでご注意下さい
パスワードを忘れると2度と追加アカウントのユーザー名でログオンできなくなりますので、手帳などに控えておく事をお勧めします。
パスワードの入力
↓
5.設定完了
「ユーザーの作成」画面に戻りますので、再度「OK」をクリック します。
.設定完了
↓
6.ユーザー名の確認
「ユーザーを追加しました」の画面が表示されます。
ユーザー名が新しく設定されているかを確認して、「はい」をクリックします。
ユーザー名の確認
↓
7. 新しいユーザー名での「Outlook Express」再起動
ログイン後、メインユーザーで起動していたウィンドウは閉じられ、新しく設定したユーザー名で、「Outlook Express」が再度起動します。
ユーザー名が登録されたものと同じになっていることを確認します。
新しいユーザー名での「Outlook Express」再起動
↓

8. 「インターネット接続ウィザード」が起動
「インターネット接続ウィザード」が表示されます。
「表示名」
を以下のように入力し「次へ」をクリックして下さい。
表示名:メールの差出人名
「表示名」は、漢字、ひらがな、カタカナ、英文字が利用できます。
「インターネット接続ウィザード」が起動
↓

9. 「インターネット接続ウィザード」にメールアドレスを設定
「インターネット電子メールアドレス」の画面が表示されます。
「電子メールアドレス」
を設定し、「次へ」をクリックして下さい。
「インターネット接続ウィザード」にメールアドレスを設定
↓

10. 「インターネット接続ウィザード」にサーバー名を設定
「電子メールサーバー名」の画面が表示されます。
「サーバー名を設定」を下のように設定し、「次へ」をクリックして下さい。
電子メールサーバの種類 POP3
受信メール
(POP、IMAPまたはHTTP)サーバー

"NetRICOH α−MAIL登録完了のお知らせ"の"受信サーバー"を設定してください

送信メール
(SMTP)サーバー
"NetRICOH α−MAIL登録完了のお知らせ"の"送信サーバー"を設定してください
「インターネット接続ウィザード」にサーバー名を設定
↓
11. 「インターネット接続ウィザード」にインターネットメールログオンを設定
「インターネットメールログオン」の画面が表示されます。
「サーバー名を設定」を下のように設定し、「次へ」をクリックして下さい。

「アカウント名」を入力 メールアドレスの****%ドメイン名(半角英数字)を入力
パスワードを保存する チェックしない
※詳細は下の<補足>をご参照ください。

セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)を使用する

チェックしない
※「セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)を使用する」は、チェックしないでください。
「インターネット接続ウィザード」にインターネットメールログオンを設定
<補足>「パスワードを保存する」について
「パスワードを保存する」は、このユーザーでメールを送受信する際に必要となる追加発行されたメールアドレス用のパスワード入力の手間を省く機能です。
このアカウントのメールをパスワードによって管理したい場合は、チェックを入れないでください。チェックをしないとメールボックスにアクセスする際にはパスワードが必要となります。
逆に、パスワード入力の手間を最小限にしたい場合は、チェックを入れてください。チェックを入れた場合は、追加発行されたメールアドレス用のパスワードを入力してください。

※入力するパスワードは********で表示されます。
↓

12. 設定完了

「設定完了」の画面が表示されます。「完了」をクリックして下さい。

8. 設定完了
他のメールソフトをご利用になっていた場合は、「メッセージとアドレス帳のインポート」画面が表示され、そのメールソフトに登録されているアドレス帳や受信メールをOutlook Expressに取り込む(インポートする)ことができます。
※インポートは後からでも、Outlook Expressの「ファイル」メニューの「インポート」を選択して行えます。
 インポートしない場合
1: 「今、インポートしない」をチェック
2: 「次へ」をクリック
3: 「インポートが完了していません」画面で、「完了」をクリック。
 インポートする場合
1: 「インポート元」をチェック。
2: メールソフトを選択。
3: 「次へ」のクリック。
自動インポートされます。
↓

以上で、WindowsXPのOutlook Express6.0の追加メール設定は終了



「Outlook Express」の終了(ユーザーのログオフ)方法

パスワードを設定した場合は、「Outlook Express」終了時に必ず次の操作でログオフしてください。
メニューバーの「終了」や「×」で終了すると、次回に「Outlook Express」を起動する際、パスワードの入力なしにそのまま追加したユーザーで起動するため、パスワードを設定した意味がなくなります。

メニューバーの「ファイル」-「終了してログオフする」をクリックします。

Outlook Expressの終了(ユーザーのログオフ)方法


ユーザー別ログインの方法
ユーザーが複数設定されている場合、「Outlook Express」を起動するとユーザー選択のウィンドウが表示されます

「Outlook Express」を起動すると「ユーザーログイン」画面が表示されます。
ユーザーを選択し、パスワードを入力し「OK」をクリックします。


「ユーザーログイン」画面
指定したユーザーで「Outlook Express」が起動します。
「Outlook Express」が起動